ホーム > エネルギー収支がゼロになる、ZEH(ゼッチ)住宅

エネルギー収支がゼロになる、ZEH(ゼッチ)住宅

ZEH(ゼッチ=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、

高い断熱性能 、 省エネ設備 、 太陽光発電システム 、 HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)などを備え、

消費を上回るエネルギーを自宅で発電して、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする家のことをいいます。

政府は『2020年までに標準的な新築住宅をZEHにする』 『2030年には新築住宅の平均でZEHを目指す』という方針を定めています。
また、ZEH住宅を建てるにあたり、国が実施している補助金制度が利用できます(『ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業』)。

ZEHとは 
ZEHとは(資源エネルギー庁サイトから抜粋)

ZEH住宅を建てるメリット

①光熱費が大幅に削減できるという経済的なメリット。

②高断熱による快適な暮らしも実現します。(夏涼しく冬暖かい、部屋ごとの温度差が少ない)

③停電した際も、高断熱の家であれば室内温度の低下が抑えられるため、災害に強いというメリットも。

④太陽光発電を利用することで、CO2削減、地球環境保護に寄与できます。

⑤国からの補助金を受けることができます。

ZEH住宅建設に、国からの補助金交付

国は、ZEHの住宅建設に対して補助金(平成28年度は125万円)を交付し、ZEHの住宅を推進しています。
ZEHの補助金は「ZEHビルダー」の登録がある建築会社のみ申請できることになっています。羽田建設はZEHビルダーに登録をしており、補助金の申請に対応をしています。

ただし、ZEHの補助金には枠があり、応募者が多い場合は、審査・選考に行って性能が高い順に選ばれます。

補助金を貰いやすくする為に、エネルギ-の消費削減率や断熱性能などの性能をより上げる方法もありますが、 どこまで性能を上げれば補助金が確実に貰えるのか審査の基準が分からない為、建築費が高くなりがちです。 125万円の補助金を受給できても、建築費が大きくなることも考えられます。

補助金を受けるためのZEH住宅の条件

補助金を受けるためのZEH住宅の最低条件として、

1.太陽光発電パネルを載せる必要がある。

2.ZEH住宅として定められた基準値以上の断熱性、気密性の高い住宅にし、外から暑さ、寒さの影響を受けにくくする。

これらを導入しつつ、吹抜けやリビング、窓の数や大きさなどから、一次消費エネルギー(冷暖房・給湯・照明・換気)の消費を減らし、 さらに、LED照明や高効率エアコンや高効率給湯器などZEH対応の機器をつけることで、ZEHの住宅の条件(数値で定められている)にすることが必要なのです。

ZEH住宅の検討だけでも、実際かなり複雑で、かつ高度な専門知識が求められます。 ZEH住宅の設計知識が豊富なだけでなく、高断熱、高気密住宅の施工実績が豊富な住宅会社、工務店を家づくりのパートナーにしましょう。

ZEHとは 
ZEH住宅の概念(資源エネルギー庁サイトから抜粋)

ZEH住宅は得なのか?

今のところ、ZEH住宅の建設には、補助金を受けることができる制度があります。 この制度を活用すれば、「お得」なのか、といえば、単純にそうとも言えません。

ZEH住宅そのもには、メリットはあります。しかし最大のデメリットは、「コスト高」になることです。

太陽光パネルは、ZEH仕様住宅でなくとも、長期的にみれば元がとれるものなので、よしとしても ZEH仕様の高効率エアコンや高効率給湯器は、残念ながら普及タイプとくらべれば、現在のところは割高です。 加えて、ZEH住宅として補助金を受けるためには、消費エネルギーの計算などを含めた、特別な設計が追加で必要になり 「ZEH設計費用」としてお金が掛かります。

得なのか?どうなのかは、初期コストと節約できるであろう光熱費、地球環境に貢献できること、住宅購入資金の全体予算など 総合的に検討して、後悔のないような結論を出していただければと思います。

今後の家づくりは…

国の政策からも、高い断熱性と耐震性及び長期の維持管理を兼ね備えた「長期優良住宅」に、 省エネ設備と太陽光の性能を加えたZEHが、今後の家づくりの主流になると考えられています。

ZEH住宅を建てる際、吹抜けやリビング階段、窓の多さによって、一次消費エネルギー(冷暖房・給湯・照明・換気)の消費量が変わります。 設計の段階から入念な打ち合わせをして下さい。

正直なところ、コストの面などで、最終的にZEH住宅は諦められたお施主様もおられます。しかし、エネルギーの節約、CO2削減、地球環境の保護や新しい住宅での電気代や光熱費を考える上でも、一度は検討される価値は十分にあります。

▲このページのトップへ

建築施工対応エリア

岐阜県:
岐阜市、羽島市、岐南町、笠松町、
各務原市、関市、瑞穂市、北方町、
大垣市、美濃市、山県市、本巣市、
大野町、池田町

愛知県:
一宮市、清須市、小牧市、春日井市、
稲沢市、江南市、扶桑町、大口町、
北名古屋市、あま市

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

羽田建設株式会社

岐阜県岐阜市水海道5丁目1-19

TEL:058-246-9327(9時~18時)
FAX:058-248-1216

土日も営業(火・水・祝日休業)

注文住宅羽田建設

アクセスマップ


大きな地図で見る

ご来社の際は、ご予約ください
(TEL:058-246-9327)

注文住宅羽田建設

羽田建設の活動

注文住宅羽田建設


 

当社が「全国安心工務店一覧(中部版)」(三島俊介編著)に掲載されました。

この本は、30年以上、住宅会社の調査研究をしてきた研究機関の厳しい基準をクリアした工務店だけが掲載されます。
当社は、この厳しい基準に合格し、安心工務店と認定され、掲載されました。

<