建築事例紹介

ホーム > 建築事例紹介 > 垂井町 K様邸

2階建て 垂井町 K様邸
アパートでの「片づかない」お悩みをヒントに、
目指したのは、すっきりと片づく家!

奥様の一番の願いは、すっきり片づいた部屋で暮らすことでした。とにかく部屋がゴチャゴチャして、ちっとも片づかないと悩まれている方、多いですよね。 実は、今の暮らしの「片づかない」の中にこそ、これから建てる家に理想的な収納を作るヒントが隠されているんです! 当社スタッフとK様といっしょになって考え抜いた、K様理想の間取りと収納で、家族みんなが心地いい家が出来上がりました。

垂井町 K様邸 外観

ホワイトとベージュのシンプルナチュラルな外観。

お客さまからひとこと

最初に羽田建設に相談したのは、もう5年も前のことでした。両親との同居話が浮上し新築の家を考え始めました。他社にも相談しましたが、早く建てさせようという意図が見えて…。
一方、羽田社長からは、「今すぐじゃなくても、あせらずじっくり計画しては」とアドバイスいただき、急かされないところに安心と共感が持てました。

その後、同居の話がなくなったのと、上の子の小学校入学というタイミングにあわせて引越がしたいという思いが再燃し、本腰をいれて注文住宅での家づくりを始めました。 今から思えば、5年前にあせって決めなくて本当によかったです。
他の会社にも相談しましたが、話を進めていくうちに金額がどんどん上がっていきそうな印象だったり、「長期優良住宅は、無垢材や岐阜県の木材を使わないといけない」などと言われ、 この会社は長期優良住宅をやりたくないんだなと思いました。

※注 「長期優良住宅」に無垢材や県内産の木材を使わなければならない、という要件はございません。K様が相談された会社さんの勘違いだと思われます。

それまでも、本を読んだり、自分たちなりに勉強はしていましたので、建てるなら「長期優良住宅」と考えていました。また、知り合いが羽田建設で家を建てていて、満足度が高そうだったのもあり、羽田建設に決めました。

アパート住まいだったころ、とにかく部屋が手狭だったことと、収納が小さい上に使いづらく、いつも部屋が片付かないのが悩みのタネでした。

私たちの場合、具体的な設計から希望の引渡しの時期までにあまり時間がなかったですが、それでもあせらされることもなく、じっくり計画できました。

出来上がってみると結構イメージ通りできたと思います。
特に、キッチンの横のパントリーやLDKの2つの収納、玄関の土間収納は、使い勝手が良く、あってよかったです。 実際に住んでみて、LDKは、キッチンから家族の様子がよく見えるのはいいです。子供たちがのびのびと家の中で遊んでいるのを見ていると、家を建ててよかった!と思える瞬間です。

最初は、漠然としたイメージしかありませんでしたが、間取りや収納のことだけでなく、例えば、キッチン横のホワイトボードを上手く取付けできるようになど、細かなところまで相談に乗ってくださったり、 こちらが気づかないようなところまで提案していただけたので、「家族みんなが心地いい家」ができたと満足しています。

担当者からひとこと

目指したのは、すっきりと片づく家!

手狭になったアパートを脱出し、ほどよい広さで家族仲良く快適な生活を夢見て家づくりを始められたK様。 奥様の一番の願いは、すっきり片づいた部屋で暮らすことでした。とにかく部屋がゴチャゴチャして、ちっとも片づかないと悩まれている方、多いですよね。 K様もそんなお一人でした。

実は、今の暮らしの「片づかない」の中にこそ、これから建てる家に理想的な収納を作るヒントが隠されているんです!

K様の場合、リビングスペースにお子様の服がつり下げられていました。考えていくと、衣服を仕舞うクローゼットの容量が足らないことと、 「その場に、すぐ、片づけられる収納がない」ことが見えてきました。

そして、実際の生活シーンをイメージしながら、何をどこにどのように収納したら片づくか、K様といっしょに考えていきました。 そして決まった収納計画が、LDKの一角にもクローゼットとを設置すること、小物や書類の収納を作ることでした。 そして子育てや家事に忙しい毎日でも、玄関の土間収納やパントリー、各部屋の収納など「その場に、すぐ、片づけられる収納」を随所に作る計画を立てました。



予算は、設備よりも間取りに重点を。

あなたにも参考にしていただけるお話しをもう一つ。
K様場合、設計上、壁にぶち当たったのが、初めに決めた延べ床面積だと、どうしてもダイニングが狭くなってしまう点でした。 収納スペースを削ることも考えましたが、それでは「片づかない」家になってしまいかねません。これは延べ床面積を1坪だけ増やすことで、解決できました。

1坪増やすと、もちろん建設費はその分上がります。
弊社では、間取りが決定した時点で、お見積りをお出ししておりますので、K様にもお見積りを作成し、 安心して頂いたうえで、次の仕様打合せにのぞんでいただきました。

限られた予算の中で、坪数が増えてしまった場合、どのように考えればよいのでしょうか。私がお勧めしているのは、1つは「住宅設備」の見直しです。 キッチンやお風呂、トイレ、洗面台、照明器具などの住宅設備はショールームに行っていただいたり、カタログを見て決めて頂きますが、上、中、下とグレードを比較すると、 「やっぱりこっちの方がいいよね」ってことになり、どうしても高いグレードの方を選んでしまいがちです。(みなさん!) もちろん、グレードの高いものはそれはそれでいいのですが…。でも多くの設備が、築15年、20年と経つとやがて交換、買い換えが必要になります。

一方で間取りは、大がかりなリノベーションをしない限り変えられないものです。また、1坪、2坪の加減で収納や居室スペースに余裕が生まれたり、 逆に狭苦しくなってしまったり、住み心地に大きく影響してきます。

だから、設備のダウングレードを計ってでも、間取りにお金をかけた方が後悔しないのではないでしょうか。

K様の場合も、1坪増やしていただいたことによって、広さにゆとりを持つことが出来ましたし、ご希望のL型のLDKにすることがでました。 L型にすることで、キッチンからリビングや隣の和室の見通しが、断然よくなりました。この間取りは、家事をしながらでもお子様の様子がよくわかっていいと、奥様からもとても好評です。



自分たちにぴったり合った、間取りや収納

生活パターンも、片づけの考え方も、人それぞれ。K様もそうでしたが、「自分たちの理想の家」がすぐに見えてくるわけではありません。でも、大丈夫です!

他社さんの中には、例えば「片づかない」→「何でも入る大きな納戸を作りましょう」
とかなり乱暴な提案をされるところもあるみたいですが、羽田建設では、お客様ご家族にとっての「理想の間取り」「理想の収納」をいっしょになって考えていきます。
遠慮せずに、どうぞ何でもご相談くださいね。



垂井町 K様邸 外観

外構工事後の外観。

リビング・ダイニング

垂井町 K様邸 リビング

およそ19帖のLDK。床は白木に近い淡い色の”ライトチェリー”色で、お部屋が広く明るく感じられます。
窓は幅248cm×高さ220cmの大型の窓(ペアガラス、取っ手付き)を設置しているので、開放感あるリビングです。

垂井町 K様邸 リビング

窓際は陽の光がおどる、気持ちのいい空間です。和室の扉を開ければリビングと一体となった開放的な広いスペースに。

垂井町 K様邸 リビング

和室からリビング、キッチンの方向を見たところ。

垂井町 K様邸 リビング・ダイニング

ダイニングからキッチン、リビングを見たところ。

垂井町 K様邸 キッチン

キッチンとダイニングスペース。
北向きの天井近くに設置した横長の窓(横滑り窓)は、やわらかい自然光を取り入れ、風通しも確保してくれます。

垂井町 K様邸 ダイニング

写真左側の収納は、普段よく使う小物や書類の収納場所として、写真右側コートなどが掛けられるクローゼットを設置しました。
これで帰宅しても上着などすぐに片づけることができますし、LDKに収納を設けることで片付けがさっとスムーズにでき、散らかることが防げます。

キッチン

垂井町 K様邸 キッチン

キッチンはクリナップ製”クリーンレディー”。キッチンとカップボードの間が104cm取ってあり、
ご家族でいっしょに料理をしても余裕の広さです。

垂井町 K様邸 キッチン

キッチンからリビングを見ると、ダイニング、リビング、隣の和室まで見渡せ、お子様の様子を見ながら家事ができます。

垂井町 K様邸 パントリーと勝手口

キッチンにパントリーを設置しました。
週末にまとめ買いされるようなご家族には、もはや必需品ですね。
ここには後から棚を付けられるご予定です。

1階 和室

垂井町 K様邸 和室

南の窓から光がたっぷり入る明るい6帖の和室です。
たたみは、いぐさよりも色あせしにくく、水にもつ強い”和紙だたみ”にしました。

垂井町 K様邸 和室

和室から水廻り(トイレ、洗面、お風呂)が近く、往来がラクにでき、お客様が泊まりに来られたときも便利で使いやすいです。

垂井町 K様邸 和室

写真右、板の間の奥は階段下収納。

垂井町 K様邸 和室

たたみの上でごろんとしたり、小さいお子様のお昼寝など、和室はサブのリビングとして使えるお部屋です。

階段・ホール

垂井町 K様邸 階段

1階ホール。右奥の扉はトイレ。

垂井町 K様邸 階段


垂井町 K様邸 階段

西向きに縦長の窓があるので、明るい階段です。

垂井町 K様邸 階段

写真左奥は子供室。

垂井町 K様邸 2階ホール

2階ホール

垂井町 K様邸 2階トイレ

2階トイレ

2階 寝室

垂井町 K様邸 2階 寝室

6.5帖の寝室。バルコニーへの出入りもできます。

垂井町 K様邸 2階 寝室

南の窓からは、たっぷり光と風が入ります。

垂井町 K様邸 2階 寝室

寝室には1帖サイズのクローゼットを2つ設置。
ウォーク・イン・クローゼットのように通路スペースがないため、こちらの方が同じ面積でも沢山お洋服が入ります。

バルコニー

垂井町 K様邸 2階 バルコニー

6帖もある広いバルコニー。お布団や洗濯物を干すときも、使いやすく便利です。

2階 子供室

垂井町 K様邸 2階 洋室

南側の4.5帖子供室。こちらにも1帖サイズのクローゼットを設置。

垂井町 K様邸 2階 洋室

北側の10帖子供室

垂井町 K様邸 2階 洋室

10帖の子供室。お子様が小さいうちは広々と遊ぶことができますし、将来個室が欲しくなったら真ん中で仕切って2つの部屋にすることもできます。

垂井町 K様邸 2階 洋室

風通しを良くするため、北側と東西に窓を設けてあります。

垂井町 K様邸 2階 洋室


洗面・風呂・トイレ

垂井町 K様邸 洗面

2.5帖の洗面・脱衣室。洗濯機と洗面化粧台の間に収納スペースをつくることができるように、洗面脱衣室を少し広くしました。

垂井町 K様邸 洗面


垂井町 K様邸 風呂

風呂

垂井町 K様邸 トイレ

1階トイレには手すりを取付けました。

垂井町 K様邸 1階ホール

ダイニングスペースから水廻りを見た写真。中央、やや左奥が洗面、お風呂。
LDK から水廻りへの動線が短かく、家事もラクにこなせます。

垂井町 K様邸 階段下収納

階段下収納。季節家電やストック品も十分入ります。

玄関・廊下

垂井町 K様邸 玄関

南向きの縦長の窓を設け、明るい玄関になりました。

垂井町 K様邸 玄関


垂井町 K様邸 玄関

玄関に1帖サイズの土間収納を設けました。
野菜やお子様のおもちゃなどの収納に活用されています。

垂井町 K様邸 玄関

写真では少しわかりにくいですが、土間収納の壁は化粧ベニアを張っています。
もし汚れが付いても、クロスより落ちやすいです。

垂井町 K様邸 玄関


垂井町 K様邸 外観


建築施工対応エリア

岐阜県:
岐阜市、羽島市、岐南町、笠松町、
各務原市、関市、瑞穂市、北方町、
大垣市、美濃市、山県市、本巣市、
大野町、池田町

愛知県:
一宮市

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

羽田建設株式会社

岐阜県岐阜市水海道5丁目1-19

TEL:058-246-9327(9時~18時)
FAX:058-248-1216

土日も営業(火・水・祝日休業)

注文住宅羽田建設

アクセスマップ


大きな地図で見る

ご来社の際は、ご予約ください
(TEL:058-246-9327)

注文住宅羽田建設

羽田建設の活動

注文住宅羽田建設


 

当社が「全国安心工務店一覧(中部版)」(三島俊介編著)に掲載されました。

この本は、30年以上、住宅会社の調査研究をしてきた研究機関の厳しい基準をクリアした工務店だけが掲載されます。
当社は、この厳しい基準に合格し、安心工務店と認定され、掲載されました。

<