プロフィール

ホーム > プロフィール

こんにちは。社長の羽田博人です。

『工務店を選ぶ3つの基準』を執筆しました、羽田博人です。
実は私、小学生の時は「野球少年」だったんです。 今では考えられませんが、冬でも半ズボンをはいていた、赤顔のスポ-ツ少年でした。

当時、小学校の4年生から入団できる軟式の野球チ-ムがありましたので、4年生の時に友達と一緒に入団しました。 全員で60人位いたかと思いますが、楽しかったですね。
少年団が休みの時は、近くのグランドで、よく父親とキャッチボ-ルをしたり、父親のノックでフライを取る練習をしたりしていました。 フライを取る時、捕球を誤ってボ-ルを頭に当てて「イテッ」と声が出た事もよくありました。 そんなヘタクソな私も頑張って練習をしました。しかし、練習の成果があったかと言えば、ポジションは補欠でした。
「ガックリ」
残念ながらスポ-ツの才能はありませんでしたが、その時の友人から、最近は家造りを頼まれるようになり大変嬉しく思っています。 今では、全然体を動かしていないので、またスポ-ツをしたいなと思っている毎日です。

羽田博人

羽田 博人(はだ ひろひと)

1969年、岐阜市生まれ、一級建築士。

幼いころから大工だった父の後ろ姿を見て育ち、お客さまの夢を叶える天職だと考え高校生のころから住宅の建築家を志す。

学校卒業後は、地元中堅ゼネコンを経て、名古屋の大手住宅デベロッパーに就職するもお客さま本位ではない営業方針に我慢できなくなり退職。
その後父が経営する工務店の後継者として、羽田建設に就職。

お客さま本位の家づくりとは何か、つねに自らに問いかけ、20代後半は住宅建築をあらためて学び直す。
当時住宅業界では「天才」とまで言われた設計士から住宅設計とデザインを学ぶ。
同時にさまざまな建築現場を見てまわり、すぐれた工法を実地で研究。
さらに全国の優良工務店にも足を運び、すばらしい経営者からお客さま本位の工務店経営を学んできた。

そうして設計と現場監理に携わり、お客さまと作った住宅はのべ150棟になる。
自らの経験と知識を地元地域社会に還元したいと、10年前より月1回のペースでボランティアで家づくりセミナーを開催。

これまでの住宅建設の経験を生かし、住宅問題に関する研究のほか、住宅コンサルタントとして、旧態依然とした住宅にメスを入れ、 現在、日本の住宅業界の常識が実は非常識である事を消費者の皆様にお知らせする為に、良質な住宅の見分け方について積極的にアドバイスを行っています。

保有資格:
一級建築士
宅地建物取引士
CASBEE戸建評価員
既存住宅現況検査技術者
整理収納アドバイザー2級
足場の組み立て等作業主任者

家造りの達人 会長:羽田昭雄

会長会長の羽田昭雄です。ちょっと私の幼少の頃の話を聞いていただけませんか。

私は、根尾村の長嶺小学校に通っていました。当時は1年生だいたい50人位の生徒がおり、全校生徒が300人は居たと思います。それが、過疎化により残念ながら廃校になり、学校の校舎がキャンプ場になっており、時代の流れを感じます。

冬、小学校に通うのが大変だった記憶があります。昭和20年代は、雪が2mも積もり、当時は除雪車など有りませんでした。そのために、冬は毎日学校に通うのに、人が1人やっと通れる位の道を作り、1時間近くかかって学校に行っていました。そして小学校の時の遊びと言えば、皆さん信じられないかも知れませんが、杉の花粉の付いた実を使い、それを竹の筒に入れて飛ばして遊んでいました。それを使い、男友達で戦争ごっこをして、当てっこしてました。

しかし、今でも覚えていますが、杉の花粉の実が当たると実に痛いのです。後は、竹馬やしっぱん、それに自転車のリングを押して遊んでいました。ちなみにしっぱんとは、メンコの事です。私は、よく遊んでばかりいましたので、「仕事を手伝え」とよく父に叱られたものです。今でも、たまに根尾に帰りますが、やはり帰るとホッとして落ち着きます。皆さんにも、ホッとできる家を造って頂きたいと考えています。

家は建てるのも大変ですが、羽田建設は、建ててからが本当のおつきあいだと思います。
建ててから10年、20年、30年経っても、お客さまからお声がけいただくこともよくあり、そんな時は、いつも嬉しく思います。

設計担当 坂井

大学では建築学科で学び、羽田建設に2013年に入社しました。 入社してからたくさんのお客様にお会いし、お客様のご要望をいかに形にするかを考えて、お家づくりをさせていただきました結果、30棟以上お家づくりのお手伝いをさせていただきました。

仕事の中で心がけているのは、「いかにお客様の幸せな空間を作り出すか」ということです。 お施主様のご要望をお聞きし、夢のお家を叶えることは、とても大変です。 注文住宅は、一つ一つお客様のご要望に沿ってお家づくりを行うため、決める事や確認する事がたくさんあります。 新入社員の頃は、覚える事がたくさんあり、また、たくさんのお客様のご要望をいかに引き出すかを念頭においていたため、家に帰ってからもお客様のことが頭から離れませんでした。(これは、今も変わらないですね) 上手くお話が出来ずに、お客様にご迷惑をお掛けする事もあり、落ち込むこともあります。

大変なお家づくりですが、お引渡の時には、お客様の笑顔と「ありがとう」の一言を頂けます。 お引渡を何度もしておりますが、私は、今でも、この一言を聞ければ、頑張ってよかったと思えると同時に、家づくりが楽しい、今後もお家づくりを頑張ろうと思えます!

今でも忘れられないのは、初めて担当させて頂いたお客様に「坂井さんと一緒にお家づくりが出来て良かった!」と言っていただけたことです。本当に本当に嬉しくて、いただいたお手紙を永久保存しています(笑)

そんな私ですので、「お客様にとってどのような生活が幸せか」をお話していく中で見つけていき、そのサポートをさせていただくということで、責任と誇りを感じています。 よりお客様のお役に立てるよう自分を磨きつつ、今日もお仕事させていただいています。

保有資格:
福祉住環境コーディネーター2級
整理収納アドバイザー2級
住宅ローンアドバイザー

設計担当 岩田

羽田建設に2015年に入社しました岩田です。
幼い頃からモノづくりが好きで、大学では建築について学びました。
入社1年目の頃を振り返ると、お客様とのお打ち合わせに同席して、ひたすら外装・内装等の仕様の内容について必死に覚えました。
注文住宅は、オーダーメイドのお家なので、一つとして同じお家はありません。
お施主様の要望を実現するためには、自身の提案力を磨くために、まずは知識が必要です。また、お施主様により完成時のイメージをお伝えすることも重要です。
どうしたらお施主様に気に入っていただけるお家になるのか、どう伝えたら理想通りのお家になるのか初めはなかなか上手く伝えることができず、より良い提案ができないもどかしさで毎日悩んで帰宅しました。 その頃の私は、モノづくりの難しさを痛感し、自信を持ってモノづくりが好きと言えなくなっていました。
悩みながらも、お施主様に合った商品をおすすめできるようになりたいという想いで、メーカーのカタログや雑誌を見て商品知識を増やしたり、今までの建築事例から様々な提案の仕方を学んだりしました。
最近ではお施主様に「理想通りのお家ができた」「一緒に決めた瓦の色が気に入っている」などたくさんの嬉しいお言葉をいただけるようになり、 喜んでもらうための提案をもっとしていきたいという想いでお施主様とお話をしています。
お施主様からの「ありがとう」やご家族の素敵な「笑顔」が溢れるお家づくりをするために日々頑張っています。

保有資格:
整理収納アドバイザー2級

施工管理担当 児山

2016年に入社しました、施工管理を担当しております、児山です。
大学では建築学科で学んでおりましたが、入社1年目は何もわからず、先輩方がどのような仕事をして、どのような内容を職人さんや取引業者さん、お施主様と打合せをしているのか等、いろいろ観察をしていました。
1年目で経験したこと、先輩方から学んだことを身に付け、1人で現場を任せていただけるようになり現場を管理していますと、お施主様からのお声を直接聞くようになりました。
「もっとこうしてほしい、こうしてほしかった」や、大変うれしいことに「ありがとう」などの感謝の言葉をいただけたこともありました。やはり、工事が進んでいきますと、設計段階では気付かない細かな部分が多々出てきます。 そこをお施主様と打合せをさせていただき、工事を進めていきますと、お施主様と一緒になってお家づくりをさせていただいているんだなと実感します。
このような経験を活かし、どうすればお施主様に満足していただけるか、お引渡し後も快適に過ごしていただけるにはどうすればいいのかを基に、現場が問題なく動くように、広い視野を持ちながら、お仕事させていただいております。
また、道路や現場周りの掃除、挨拶など、お施主様のお引渡し後の生活まで考え、ご近所様への配慮も忘れずに取り組んでいきます。
若手社員ですが、いままでいろいろな経験をさせて頂き、お施主様方には大変感謝しております。数ある会社から羽田建設を選んでいただいたからには一生懸命お手伝いせていただきます。
お引渡し後にアフター訪問させていただく機会も多々あり、その時にご家族が幸せそうに過ごされているのを見ると、こちらも大変うれしい気持ちになります。
今後、お施主様の「夢」を実現できるように、幸せな快適な時間を過ごしていただけるように頑張っていきます。

設計担当 橋本

大学では異文化について学び、今年新卒で羽田建設に入社しました。 大学在学中にインテリアに興味を持ち、インドの建造物について研究しました(インドのインテリアに関する文献が少なかった為)。 調べていくうちに、地域特性や気候、宗教、使用目的に応じて建物が設計されていることが分かり、建築の面白さに氣づきました。
就職活動を進める中で、羽田建設の“氣づき”を大切にしていることをモデルハウスで感じることができました。 そこで、自分も“氣づき”を発信したいと思い、入社しました。今では、氣づく難しさを感じておりますが、先輩社員の姿を見て学び、“氣づき”を発信しでいきたいです。

私は、中学、高校、大学と陸上競技で中、長距離選手として活躍してきました。「陸上競技=個人スポーツ」と思われるかもしれませんが、私はチームスポーツだと考えています。 なぜなら、どの選手も皆、今よりも速く走りたい、遠くに投げたいという気持ちで、一生懸命練習し、励ましあっているからです。 私も、一緒に走る仲間や応援してくれる人たちがいたので、つらい練習にも耐えることができましたし、陸上競技を続けられました。
これは、お家づくりでも同じことが言えると思います。“幸せなお家づくり”をしたいという想いで、皆で協力しあって築き上げる事で出来ると思っております。 ですので、私も、早く皆様の“幸せなお家”とは何かに氣づき、“幸せなお家づくり”のお役に立てるよう、一生懸命頑張りますので、よろしくお願い致します。

保有資格:
色彩コーディネーター 2級
ファイナンシャル・プランニング技能士 3級



羽田建設 職人会

▲このページのトップへ

建築施工対応エリア

岐阜県:
岐阜市、羽島市、岐南町、笠松町、
各務原市、関市、瑞穂市、北方町、
大垣市、美濃市、山県市、本巣市、
大野町、池田町

愛知県:
一宮市、清須市、小牧市、春日井市、
稲沢市、江南市、扶桑町、大口町、
北名古屋市、あま市

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

注文住宅羽田建設

羽田建設株式会社

岐阜県岐阜市水海道5丁目1-19

TEL:058-246-9327(9時~18時)
FAX:058-248-1216

土日も営業(火・水・祝日休業)

注文住宅羽田建設

アクセスマップ


大きな地図で見る

ご来社の際は、ご予約ください
(TEL:058-246-9327)

注文住宅羽田建設

羽田建設の活動

注文住宅羽田建設


 

当社が「全国安心工務店一覧(中部版)」(三島俊介編著)に掲載されました。

この本は、30年以上、住宅会社の調査研究をしてきた研究機関の厳しい基準をクリアした工務店だけが掲載されます。
当社は、この厳しい基準に合格し、安心工務店と認定され、掲載されました。

<